迷惑かけてゴメンなさい…

昨日、レジェンド熊谷の試合の前にちょこっと見に行った優奈の試合ですが、今日大会2日目を開催するとの事でレジェンド熊谷の試合もなかったのでまた見に行ってみました。

試合会場の荒川緑地公園は熊谷市の荒川河川敷にある広大な公園で、ソフトボールができるグラウンドも多数あるんですが、大会に参加している中学校がかなり多いようで、ほとんどのグラウンドを使って試合を行なっていました。

熊谷市内の学校だけでなく近隣の地域からの参加も多く、桶川市の中学校まで参加しているのを見てかなり大きな大会という印象だったんですが、いかんせん中学のソフトボールの事はよくわかりません。
Sままが同じソフトボール部員のママさんに聞いてみると『熊女杯』というカップ戦という事が判明しました。

“熊女”とは熊谷市の名門、埼玉県立熊谷女子高校の事で、偏差値的には埼玉県でトップクラスの高校ですが、この高校のソフトボール部も県大会などでは常にベスト8に顔を見せる強豪のようです。
実はソフトボールよりサッカーがやりたい優奈なんですが、この熊谷女子高校にはサッカー部もあり毎年3月下旬に熊谷市の葛和田サッカー場で開催される高校女子サッカーの全国大会『めぬまカップ』に平成7年の第1回大会から今年の第16回大会まで全て出場しています(2011年は震災の影響で中止)。

高校女子サッカーと言えば宮城県の常盤木学園や兵庫県の日ノ本学園、鹿児島県の神村学園などが有名ですが、熊谷女子高校サッカー部も頑張ってます!
とりあえず高校に行ったらまたサッカーをするつもりの優奈、“熊女”のサッカー部に入ってめぬまカップに出られたら最高なんですけど頭脳のほうが…ムリだろうなぁ…

そんな事はさておきソフトボールです。
大会初日の昨日は3試合行なって、Sぱぱが見に行った第1試合は猛打爆発で23-4の圧勝だったんですがあとの2試合はコールド負けだったとの事…
大会2日目の今日は2試合行なう予定なので連勝を期待したんですが…

もう試合がどうのこうのではなく、試合会場の荒川緑地グラウンドには冬の“空っ風”が容赦なく吹きつけてきて砂埃がすごいのなんの…

H24.12.16 優奈ソフト 003

この写真はまだマシなほうで、本当に強い風の時は全く試合が見られないほどでした。
Sままは外に出て他の保護者さまたちと試合を見ていたんですが、根性ナシのSぱぱはカメラと我が身を守るために車の中からぬくぬくと観戦です

H24.12.16 優奈ソフト 002

第1試合、Sぱぱは小さなメモ帳にスコアをつけながら見ていたんですが、試合が終わって車に戻ってきたSままに得点を確認すると点数が合いません。
Sぱぱお手製のスコアでは4-7だったのにSままがスコアボードを見たら5-9だったとの事…。
当然スコアボードの得点が正しいワケで、車の中で片手間でつけたスコアじゃ間違えるのは当たり前ってことでしょうか。それにしても5-9の試合を4-7って…全然違うじゃないか~ 一体何を見てたんだか…。
ちなみに第1試合では優奈の出番はありませんでした。

第1試合が終わって次の試合が何時から始まるのかSままが聞きに行ったところ、第2試合は午後1時開始との事。
今日のレジェンド熊谷は熊谷スポーツ文化公園の西多目的広場で午後1時まで練習の予定だったので涼を迎えに行かなければなりません。
仕方なく荒川緑地を後にして涼を迎えに行き、「ウチに帰らせろ~!!」という涼の主張を却下してあしらいながら荒川緑地へトンボ返り…現地に着いた時にはすでに試合は4回まで進んでいて、昨日途中からライトの守備についた優奈が今日はレフトを守っていました。

H24.12.16 優奈ソフト 001

試合は5回でゲームセットなので残り1回。
4回裏の玉井中の攻撃が“0”で終わって5回表の守りについたという事は、とりあえずコールド負けではないということ。ってことは最終回の攻撃が残っているワケで、打順によっては優奈の打席が見られるかも…と期待していた5回裏、優奈がネクストに立ちました。
「やった、優奈の打席が見られる」と喜び勇んでカメラを準備。しかし…
打順が回ってきてバッターボックスに向かって歩いていく優奈が途中でベンチに戻ってきます。
「ガ~~~ン」
代打を出されちゃいました…

結局今日は優奈の打席を1度も見ることができず、わずか1イニング守りについたのを見ただけ…。
昨日いい感じのヒットを打っていただけに打つところを見たかったんですが…まあ仕方ありません。
次に期待します。

2日目の戦績は第1試合が5-9で第2試合が1-9。
野球経験のあるSぱぱが見るとどうしても厳しい見方になってしまうんですが…
一人一人の運動能力は決して低いワケではなく、やり方によってはもっと良い試合ができるチカラを持っているはずなんですが、全体的にルールを把握しきっていないと思われる場面が多々あり、技術云々よりも部員全員がルールを熟知するのが先決なのかなぁという気がしました。
あとは通常の練習の中でランナーがいる場面を想定したシート打撃などに時間を割いて、打球が飛ぶ方向によって変わる守備位置や動き方を繰り返し練習することで、どう動けば良いのかという事を体に沁み込ませるようにすれば余計な失点などは減ると思います。

H24.12.16 優奈ソフト 005

今日の試合の中でランナー一・二塁の時にレフト前ヒットを打たれ、レフトを守っていた優奈が捕った打球を何故かファーストに投げてしまうという場面がありました。しかもいくらか暴投気味…。
これは明らかにあの場面で捕ったボールをどこに投げたらいいのかわからないからとりあえず一塁方向に投げてしまったもので、レフト前に打ったバッターを一塁でアウトにできるわけがないのだから確実にサードに投げるかショートに中継、もしくはホームに投げて出ているランナーを三塁で止める動きをしなければいけません。
結果的にこの送球エラーで2人のランナーは全てホームに還り、バッターランナーも二塁に進めてしまいました。

この辺りの動きを徹底的に繰り返して練習すれば絶対に余計な失点を防ぐことができます。
勝利至上主義の考え方ではありませんが、試合になればやっぱり負けるよりは勝つほうが楽しいに決まってます。
今よりももっと試合に勝つ喜びをみんなで分かち合うことができたら、もっともっとソフトボールが楽しくなると思いますよ

まだまだ発展途上のチーム。でもやり方によっては大きく化ける可能性も充分に秘めています。
だから大きく化けるために今は全員がルールをしっかりと把握しましょう。
って言っても、優奈が一番ルールわかってないんですが…

部員のみなさん、迷惑かけてゴメンなさい!!!


ではまた



にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ  
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 





関連記事

[タグ未指定]
[ 2012/12/16 19:13 ] 部活 | TB(0) | CM(2)
うらやまし
あまりに恥ずかしい…
隣りのB中ソフト部の娘の保護者です。
…おわかりの通り、三年前に優勝していたなんて思えないほど、あまり
に弱すぎる今のB中。もちろん熊女杯もお呼ばれしましたよ。
守備練でも守った事のない守備位置にいきなりつかされ…うちの娘も、初めてキャッチャーをしたそうです。毎度、毎度、勝つ気のない監督に、父兄たちはうんざりです。勝たせたい。勝てるなんて羨ましい。
[ 2013/01/11 00:50 ] [ 編集 ]
みーままさんへ
どーもです!
こちらにしてみたら優勝経験があるというだけで羨ましい限りですが…。
でも公立の中学校の運動部って難しいですよね。ソフトボール部の顧問の先生がソフトボール経験者とは限らないし、どちらかというと自分が経験した競技の部の顧問ができる先生のほうが少ないのではないでしょうか。
ウチのソフトボール部の顧問の先生はサッカー経験者なので、やはりいろいろ試行錯誤しているみたいです。
やっと何かを掴んだと思ったら2~3年ぐらいで異動になってしまうし、先生も大変なのかも知れません。
当然私はB中ソフト部の内情はわからないのでヘタなことは言えませんが、監督先生は勝つ気がないんじゃなくて勝つために色々と試しているのかも知れません。
ただ、父兄の皆さんがうんざりしてしまっているというのはあまり良い状況ではありませんね。
もっとコワイのは実際にプレーしている部員たちがうんざり気分になってしまうことですが…。
見ているコチラ側としては勝ってくれたほうが楽しいですが、練習試合とかカップ戦ではあまり勝敗に拘らないほうがいいような気がします。公式戦までにどれくらいスキルアップできるかが勝負ではないでしょうか。
でも正直言って、顧問の先生の考えと保護者・父兄の考えの違いや温度差って間違いなくありますよね。これはいつの世でも変わらないと思います。
実際にプレーしている子供たちがクサらないこと、勝つために必要な向上心を保ち続けることが大事ではないかと思います。
守ったことのない守備位置につくというのはかなり不安になるかも知れませんが、守備位置の経験値は多ければ多いほど役に立ちますよ。

なんか長くなっちゃいましたが、もし今後試合する機会がありましたらその節はお手柔らかによろしくお願いいたしますv-392
[ 2013/01/11 10:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
とけい&かれんだ~
忘れないでください!
*熊谷のサッカー少年の尊い命を奪った卑劣なひき逃げ犯を捕まえるため、引き続きご協力宜しくお願い致します。




スポンサーリンク

学力向上の近道はここ!

個別指導で自立力を育てます!
埼玉県深谷市

オーダーメイド型個別指導塾
スタートライン



小学5年生~中学3年生対象の
オーダーメイド型個別指導塾

塾長のブログはコチラ



★自立学習応援プログラム
『すらら』

スタートラインでは、基礎学力の向上、勉強する楽しさを身に付ける為にインターネット教材『すらら』を導入し、「わかる!」「できる!」「うれしい!」を実現します。


 ↑ 『すらら』の詳細はこちら ↑ 


 ↑ 『すらら』の無料体験もどうぞ ↑ 

「スタートラインでは」基本コースの他、英検や数検などの合格を目指す検定速習コースや、自宅で学べる通信コースが選んでいただくことができます。

二週間無料体験を随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。




個人のレベルに合わせた学習指導で無理なく学力向上ができます。
塾長先生はサッカー経験者で、現在ジュニアユースクラブチームのコーチも兼任しているので、「サッカーは大好きだけど勉強はちょっと…」というサッカー少年たちは勉強の合間にサッカーの技術向上のお話しなんかもできるかも!?

「塾には通わせたいけどどこが良いのかわからない」とお悩みの保護者の皆様、二週間無料体験をぜひお試しください!


フォローお願いしますっ!
上武大学サッカー部【公式】

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


東京成徳大学深谷高校サッカー部公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


クラブ レジェンド熊谷公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。



ついでにこちらも…

画像をクリックしていただくとSぱぱTwitterアカウントにジャンプします。


ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村


大学サッカーランキング


高校サッカー ブログランキングへ


ジュニアユース ブログランキングへ




清き1票をよろしくお願いします!



ジオターゲティング




あ~した天気にな~ぁれ
メールフォーム

Amazon