大差の試合

続々と代表校が名乗りをあげている今年の甲子園地方予選。
昨日の時点で47代表が決まり今日の愛知、明日の大阪の決勝が終われば49代表全てが決定します。

今年の予選はなかなか波乱も多く、我が埼玉の浦和学院をはじめ、今年の春の選抜大会で上位に進出した高校が次々と敗退するという“下克上”的な要素が多分に含まれている大会となっています。
また、28日に行われた決勝戦では香川の藤井学園寒川(さんがわ)高校が20-4、宮崎の宮崎日大高校が13-0というような決勝戦での大差の試合も多くなっているのも特徴の一つとなっています。

しかし、全国に名を馳せた高校がドンドンと姿を消して、さぞかし初出場校が多いフレッシュな大会になるかと思っていたものの、ここまで決まっている47代表中、初出場は6校だけ。この6校中、春・夏を通じて全くの甲子園初出場というのはわずか2校(千葉・専修大学松戸高校と三重・津商業高校)という結果で、それなりの高校が顔を揃えた格好です。

koshiengazou.jpg


さて、今年の地方予選決勝戦で大差の試合が多いというお話をチラッとしましたが、高校野球における“最多得点”及び“最多得点差”の試合をご存知でしょうか。
ある意味、歴史的な試合だったので特に高校野球に興味のない方でもご存知の方はおられるかもしれませんが、1998年夏の青森大会において122-0という試合がありました。
これは東奥義塾VS深浦高校(現・木造高校深浦校舎)の試合だったんですが、そのランニングスコアは…

東奥義塾VS深浦スコア

凄まじいというか何というか…。
この試合終了後、「いくらなんでもやりすぎ…」とか「最後まで手を抜かなかった東奥義塾も、最後まで試合を捨てなかった深浦高校も立派だった」など、全国から様々な意見が出されました。
ちなみに、この試合が成立するまでの記録は埼玉県が持っていて、1936年の“豊岡実 72-0 松山中”(7回コールド)でした。

Sぱぱが122-0という試合を知った時に思ったのは「青森って5回コールドが無いんだ」って事。
大体が5回10点差以上でコールドゲームが成立するものだと思っていたので、ちょっと驚きでした。
東京なら3回15点差以上でコールド成立だったかな?
まあ、7回まであったからこその“3桁得点”だったワケですが…。

高校野球ではこのような試合もありましたが、「じゃあ、高校サッカーの最多得点ってどれぐらいなんだろう」と考えて調べてみたことろ、最近では高円宮杯サッカーリーグ群馬県3部リーグで桐生第一高校Cがぐんま国際アカデミー戦で53-0という試合をやってのけた模様。
「もっとないのか?」とググッてみると、2010年の大阪府高校サッカー新人戦で大阪産業大学附属高校 59-0 勝山高校という試合があったようです。
大会名とかは不明ですが、市立浦和高校が48-0で勝った試合も見つかりました。
1995年の選手権長崎大会では島原商が41ゴールを奪ったことも。
ちなみに大阪の新人戦は35分ハーフの70分との事で、単純計算すると1.19分に1点の割合で得点したことになります。
さらにちなみに桐生第一高校Cの53得点は、前半25点・後半28点でした。
まあ、これだけゴールが決まると楽しいでしょうね。負けたほうはたまったもんじゃありませんが…

ゴール画像

高校サッカー以外ではかなり有名なところで2002年のマダガスカル選手権決勝の最終日にアデマ 149-0 エミルヌという試合がありましたが、これは決勝2日目の試合でのPK判定を不服(このPKによりエミルヌの優勝が無くなった)としてエミルヌの監督が最終日の試合でわざとオウンゴールを入れるよう選手に指示。選手たちは監督の指示に忠実に従って約36秒ごとにオウンゴールを決めたとの事。
まあ、これはわざとなのであまり参考にはなりませんね。

という事で、今回は「大差の試合」のお話でした。
最後はこんな動画をお楽しみくださいませ ↓




ではまた


にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
 
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 

関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/07/30 12:15 ] プチ情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
とけい&かれんだ~
忘れないでください!
*熊谷のサッカー少年の尊い命を奪った卑劣なひき逃げ犯を捕まえるため、引き続きご協力宜しくお願い致します。




スポンサーリンク

学力向上の近道はここ!

個別指導で自立力を育てます!
埼玉県深谷市

オーダーメイド型個別指導塾
スタートライン



小学5年生~中学3年生対象の
オーダーメイド型個別指導塾

塾長のブログはコチラ



★自立学習応援プログラム
『すらら』

スタートラインでは、基礎学力の向上、勉強する楽しさを身に付ける為にインターネット教材『すらら』を導入し、「わかる!」「できる!」「うれしい!」を実現します。


 ↑ 『すらら』の詳細はこちら ↑ 


 ↑ 『すらら』の無料体験もどうぞ ↑ 

「スタートラインでは」基本コースの他、英検や数検などの合格を目指す検定速習コースや、自宅で学べる通信コースが選んでいただくことができます。

二週間無料体験を随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。




個人のレベルに合わせた学習指導で無理なく学力向上ができます。
塾長先生はサッカー経験者で、現在ジュニアユースクラブチームのコーチも兼任しているので、「サッカーは大好きだけど勉強はちょっと…」というサッカー少年たちは勉強の合間にサッカーの技術向上のお話しなんかもできるかも!?

「塾には通わせたいけどどこが良いのかわからない」とお悩みの保護者の皆様、二週間無料体験をぜひお試しください!


フォローお願いしますっ!
上武大学サッカー部【公式】

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


東京成徳大学深谷高校サッカー部公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


クラブ レジェンド熊谷公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。



ついでにこちらも…

画像をクリックしていただくとSぱぱTwitterアカウントにジャンプします。


Amazon


ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村


大学サッカーランキング


高校サッカー ブログランキングへ


ジュニアユース ブログランキングへ




清き1票をよろしくお願いします!



ジオターゲティング




あ~した天気にな~ぁれ
メールフォーム