夏休みの自由研究はコレで決まり!?

昨夜の仕事中、特にトラブルもなく至極平和だったので同じ持ち場で作業している同僚と雑談をしておりました。
この同僚とは食べ物の話などで盛り上がることが多く、昨夜も「青椒肉絲(チンジャオロース)にパプリカを入れるか入れないか」という、実にくだらないことで盛り上がっていたんですが、そのうち彼が「そういえば、カキ氷のシロップって全部同じ味って知ってました?」と聞いてきました。
「え? 何それ。知らな~い」ってことでよくよく話を聞いてみると…

カキ氷画像


夏祭りなどに出かけると必ずと言っていいほどあるカキ氷の出店。
四角くて大きな氷の塊を電動カキ氷機でシャカシャカ削り、真っ白でフワフワの姿に変わった氷に店先に置いてある様々な味のシロップの中から好きな味を選んで氷にぶっかける…出店のアンちゃんが気前のいい人なら「どれでも好きなのをかけていいよ。何なら全部かけちゃうか?」な~んて言ってくれる人も。

出店画像

定番のイチゴにメロンにレモン。最近(と言ってもかなり前からだけど…)ではブルーハワイなども人気ですが、このカキ氷のシロップ、実は色と香りが違うだけで味は全部同じで、スーパーなどで売っている市販のシロップも同様との事。
「え? イチゴはイチゴの味がするし、メロンはメロンの味がするけど、どういう事???」

シロップ画像2

実をいうと、このカキ氷のシロップというのは元はコーヒーなどに入れるガムシロップのようなもので、それに香料・着色料などの添加物を加えて作るらしいんです。
イチゴのシロップにはガムシロップにイチゴの香りに似せた香料と赤く見える着色料、それに果物の酸味を出すために酸味料を加えるといった寸法。
同様にメロンならメロンの香りの香料+緑に見える着色料、レモンならレモンの香りの香料+黄色に見える着色料…。
シロップの原材料はどれも同じで、それぞれの香料や着色料を加えただけ。
なるほど! だから“ちゃんぽん”しても違和感なく食べられるんだ。

カキ氷画像2

「え~、でもイチゴはイチゴの味するし、メロンはメロンの味がするけどなぁ…」と仰る方、あなたはダマされておりますぞ!
いや、ダマされているというのは人聞きが悪いですが、それぞれの香りと色によって脳が一種の錯覚をおこしてしまい、赤いシロップのものを“イチゴ”と認識してしまうのでイチゴ味に感じてしまうんだそうです。
なので、何種類かのシロップを用意して、鼻をつまんで目隠しをしながら味わってみると全部同じ味だということがわかるそうです。
Sぱぱはまだやったことはありませんが、“利きシロップ”は試してみる価値がありそうです。



でも、スーパーのシロップ売り場で「イチゴよりメロンのほうがおいしい!」なんて会話を聞いちゃったら笑ってしまいそうでコワイ…。だって全部同じ味なんですから。
あ、ちなみに、それなりのお店(喫茶店など)で出されるかき氷のシロップはちゃんと果汁が入っているものが多く、市販品よりも味が濃いそうで、風味も全然違うようです。
あと、仮に市販品でも『カルピス』や『抹茶』などはさすがに添加物だけでは味が出せないので、それなりの材料が使われているそうです。
まあ、抹茶は難しそうですよね。っていうか、抹茶シロップの市販品自体見たことないけど…。

抹茶カキ氷画像

ここで注意していただきたい点。
“利きシロップ”はネタとしては面白いかもしれませんが、ほとんどが添加物でつくられているシロップ。ハッキリ言って身体に良くありません。
特に着色料は発ガン性のものもあるので、原液を大量に飲用することは絶対にやめてください!
カキ氷をおいしくいただくのであればちょっと値段は高くなりますが無添加のシロップも売られているので、そちらをチョイスしたほうがいいと思います。
甘みを出すのに“果糖ぶどう糖液糖”という添加物を使わずに“さとうきび”や“果汁”など使っているので味そのものが全く違う(良い意味で)そうです。
興味のある方はお試しあれ!

さとうきび画像

っていうか、これって夏休みの自由研究のネタになるんじゃないんですかねぇ。
シロップの“秘密”だけでなく人間の脳のメカニズムにも迫る壮大なネタじゃないですか!?
自由研究のネタが見つからなくて困っているお子様をお持ちのお父さん・お母さん、結構面白いかも知れませんよ!
家族全員で“利きシロップ”なんかやってみてその結果を記録するとかね。
で、「なぜ同じ原材料のものが違う味に感じるのか!?」ってところから人間の脳が錯覚を起こすメカニズムを説明していくという流れ。
う~ん、涼と優奈が小学生か中学生だったら絶対にネタにしてるな。
ただ、何度でも言いますが、身体のために大量摂取だけは絶対に控えてくださいね。
オマケで“添加物入り食品”と“無添加食品”の違いを研究するのもなかなかイイ感じ!?

という事で、『シロップの秘密』の巻でした。


ではまた


PS
埼玉県の代表的な観光地でもある秩父地方。
この秩父の玄関口とも言える皆野町には“知る人ぞ知る”有名なカキ氷屋さんがあります。
その名も『阿左美冷蔵 金崎本店』
真夏の炎天下の中でも2時間・3時間待ちしてでも食べたいというファンの方でいっぱい!
タイミングさえ良ければ10~30分程度の待ち時間で済むかも…。
最寄駅は秩父鉄道の上長瀞駅。
長瀞のライン下りを楽しんだあと、これまで味わったこともないフワッフワのカキ氷を是非ご堪能くださいませ!
※『食べログ』口コミ


にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
 
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 

関連記事

[タグ未指定]
[ 2015/07/29 12:28 ] プチ情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
とけい&かれんだ~
忘れないでください!
*熊谷のサッカー少年の尊い命を奪った卑劣なひき逃げ犯を捕まえるため、引き続きご協力宜しくお願い致します。




スポンサーリンク

学力向上の近道はここ!

個別指導で自立力を育てます!
埼玉県深谷市

オーダーメイド型個別指導塾
スタートライン



小学5年生~中学3年生対象の
オーダーメイド型個別指導塾

塾長のブログはコチラ



★自立学習応援プログラム
『すらら』

スタートラインでは、基礎学力の向上、勉強する楽しさを身に付ける為にインターネット教材『すらら』を導入し、「わかる!」「できる!」「うれしい!」を実現します。


 ↑ 『すらら』の詳細はこちら ↑ 


 ↑ 『すらら』の無料体験もどうぞ ↑ 

「スタートラインでは」基本コースの他、英検や数検などの合格を目指す検定速習コースや、自宅で学べる通信コースが選んでいただくことができます。

二週間無料体験を随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。




個人のレベルに合わせた学習指導で無理なく学力向上ができます。
塾長先生はサッカー経験者で、現在ジュニアユースクラブチームのコーチも兼任しているので、「サッカーは大好きだけど勉強はちょっと…」というサッカー少年たちは勉強の合間にサッカーの技術向上のお話しなんかもできるかも!?

「塾には通わせたいけどどこが良いのかわからない」とお悩みの保護者の皆様、二週間無料体験をぜひお試しください!


フォローお願いしますっ!
上武大学サッカー部【公式】

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


東京成徳大学深谷高校サッカー部公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


クラブ レジェンド熊谷公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。



ついでにこちらも…

画像をクリックしていただくとSぱぱTwitterアカウントにジャンプします。


Amazon


ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村


大学サッカーランキング


高校サッカー ブログランキングへ


ジュニアユース ブログランキングへ




清き1票をよろしくお願いします!



ジオターゲティング




あ~した天気にな~ぁれ
メールフォーム