ありがとうございます!

2013年も残りわずかとなりました。

今年1年、当ブログにご訪問くださった全ての皆様に

心より感謝申し上げます。


受験生の皆さんはラストスパートになりますが、もうここまできたら

やるだけのことはやり尽くしていると思いますので

あとはひたすら体調管理に努めてくださいね。


来年も皆様にとって素晴らしい1年になります事を

心より祈念いたします。


1年間本当にありがとうございました!


ではまた



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 


[タグ未指定]
[ 2013/12/31 11:00 ] ぱぱのつぶやき | TB(0) | CM(0)

オリジナルタオル

少し前の事になりますが、第4期生の保護者様より「オリジナルのタオルを作りたい」というご相談を受けました。
過去にそのテのものを個人的に作ったことがあったのでお手伝いをすることに。

保護者様が紙に描いてくれたデザインを戴いてSぱぱがパソコンでイメージ図を作成。
文字の大きさやチームエンブレムの配置など、「デザイン案-1」に始まり細々とした修正のやり取りを、タオル作成の窓口になっていただいた4期生保護者様と数回重ね、「案-5」に至ってようやく納得いくデザインが完成したのでした。

途中、デザインが完成してタオル作成業者に発注をかける段階になって以前お話ししたパソコンのハードディスククラッシュに見舞われ注文が大幅に遅れてしまったものの、“特急納品”を利用して何とかアンダーアーマーカップまでに納品が完了したのでした。
そして第4期生保護者様より戴いたタオルがこれ。

009_2013122909561588c.jpg

ちょっとこの写真からはあまり伝わってきませんが、ハッキリ言ってこんなに良く出来ているとは思っていなかったのでビックリしました。
当たり前ですが、パソコン画面の平面的なデザイン画とは良い意味で大違い!
第4期生の皆様にも気に入っていただけたら嬉しいです。


今回このタオルの作成を依頼した業者さんは香川県善通寺市に本社・工場がある『株式会社 ユタカ』という会社で、このようなオリジナルタオルやTシャツなどの製造・卸を手がけていて、Web注文用として『たおる本舗』というサイトを公開しています。

オリジナルのタオルやTシャツなどはチームや団体などで作る機会も多いと思います。
また作成会社もネットで検索すると結構数多くヒットするんですが、なぜSぱぱがたくさんの業者の中から『たおる本舗』さんを選んだかというと、とにかく安くて早くて手間がかからないという一言(三言?)に尽きます。

今回は『マフラータオル』(通常のフェイスタオルよりも細くて長いもの)を56枚注文したんですが、1枚あたりの価格は770円ちょっと。これは“通常納期”ではなく“特急納期”にしたために若干割高になってしまったんですが、通常納期だと1枚あたり約600円弱ぐらいになります。
単純に1枚あたりの価格だけを比較するとこれよりも安い業者さんもあるんですが、『たおる本舗』さんの場合は版代・送料が無料になるのでトータル的に安く済むことになります。

納期の早さも抜群で、通常納期でも余計なデザイン修正などがなければ注文から12営業日の発送となり(注文が正午までという条件付き)、本州・四国・九州であれば発送翌日の14時以降には手元に届きます(北海道・東北・沖縄・離島はさらに2~4日後)が、他の業者さんでは納期を2~3週間と言っていてもまず二週間では納品されません。
単に通常納期で言えば他業者よりも数日~一週間ぐらいは早く納品されることになります。
ちなみに今回のレジェンドタオルは注文から5営業日の特急納期でした。(特急納期には10日・8日・5日・3日・1日・当日があり、早ければ早いほど割高となりますがそれなりに注文枚数が多ければ1枚あたり数百円程度しか違いません)
そして、早いのは納期だけではありません。
正式注文の際にこちらが出来上がったデザイン画をメールに添付して送ると注文の確認として校正(出来上がりのイメージ図)を送り返してくれるんですが、こちらが注文メールを送ってから5分足らずで校正を送り返してきたのはビックリでした。
この仕事の早さも他の業者にはない部分だと思います。

更に、大抵の業者さんは見積りを取る時にホームページの“見積依頼”から条件などを入力フォームに記入して一度業者に送ってから見積りの返事を待つことになるんですが、『たおる本舗』さんの場合はホームページ内に見積りの自動計算をしてくれるページがあるのでその場で価格が確認できる上に、注文後によっぽど何回もデザイン変更をしない限りは自動計算で出た金額以外は1円たりとも余計にかからないというシステムになっています。
業者によっては最初の見積りはあくまで最低基本価格であって、あとから色々と付帯費用がプラスされる場合がありますが、自動計算の額=支払い額となるので透明性は抜群です。もちろん消費税込で、代引手数料まで無料になります。


いやぁ、ものすごく宣伝くさくなっちゃいました(いや、完全に宣伝だろ…)。
それなりに安くて早いというとどうしてもどこかで手を抜かれているんじゃないかって勘繰ってしまったというのが正直なところですが、実際に出来上がったタオルを見ると完成度の高さに感動すら覚えるほどでした。
もしこれからオリジナルタオルを作成する機会があって業者選びに迷ったら一度『たおる本舗』のホームページをご覧になってみて下さい。
きっと損はしないと思いますよ。


ではまた


  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 



[タグ未指定]
[ 2013/12/29 12:13 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(0)

アンダーアーマーカップ最終日結果

昨日はさすがにシンドさがピークに達し、簡単な結果報告だけになってしまったので今回はほんのちょっと詳しく結果をお伝えしたいと思います。

今年のアンダーアーマーカップはこれまでの大会よりも参加チームが少ないので当然試合数も少なくなり、順位を決める上で1つの負けがとてつもなく大きく圧し掛かってくるワケですが、ここまでのレジェンド熊谷U-14軍団の戦績はちょっと振るわず1勝3敗。初日の連敗がかなり効いてしまい、最終日は3位リーグとなり最高でも17位より上は絶望となってしまいました。とりあえず最後ぐらいは気持ち良く連勝してくれることを期待していたんですが…


【試合結果】
[第1試合]
@熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
レジェンド熊谷 3(2-0/1-0)0 三郷Jr
〔得点〕
レジェンド熊谷(前半9分・哲也くん)
レジェンド熊谷(前半18分・悠人くん)
レジェンド熊谷(後半19分・大輔くん)

朝6時まで仕事だったSぱぱ。前日同様に涼がアンダーアーマーカップのフレンドリーマッチに出るので8時までに葛和田サッカー場まで乗せていかなければならず…。U-14軍団の第1試合は9時開始だったので一旦自宅に戻ると間に合わなくなってしまうのでそのまま熊谷スポーツ文化公園に向かいました。
なんてったって今日の第1試合は熊陸のメインピッチ。いくらシンドイとは言っても見逃せません。

001.jpg

内容的には危なげない試合運びでした。
2年前の同じ大会・同じ会場で三郷Jrさんと試合をさせていただき1-0で辛勝できたんですが、この状況はレジェンド熊谷にとっては相性がいいのかも知れません。
同じ埼玉のチームなので今後の事を考えると勝っておきたかったので良かったんですが、どういうワケだかカップ戦などで勝てても公式戦になると…。
三郷Jrさん、目標に合わせてキチンと調整してくる素晴らしいチームです。

150.jpg

ちなみにレジェンド熊谷の得点ですが、先制点は叶夢くんか哲也くんかで迷ったんですが、結果は哲也くんのゴールということが判明。
2点目は前日に見事なフリーキックでゴールをアシストした悠人くんが、今度は自らゴール!
そして3点目の大輔くんはコーナーキックのボールを頭で合わせたものでした。
やっぱりセットプレーをモノにできると勝てる確率が高くなるようです。

030.jpg
059.jpg
130.jpg



この日の第2試合。レジェンド熊谷U-14軍団にとっては泣いても笑っても今年のアンダーアーマーカップ最後の試合。もちろん笑って終わりたかったんですが…

[第2試合]
@熊谷スポーツ文化公園補助陸上競技場
レジェンド熊谷 1(0-0/1-2)2 FCトリプレッタ
〔得点〕
FCトリプレッタ(後半5分)
FCトリプレッタ(後半8分)
レジェンド熊谷(後半25分・哲也くん)

最後の試合は“19位決定戦”だったんですが対戦相手のFCトリプレッタさんは「何でこんなに上手いチームが19位決定戦にいるの?」と不思議に思ってしまうぐらいに抜群な技術を持ったチームでした。
まあ関東のジュニアユースを好んで見ている方にとっては知らない人はいないというぐらいの強豪チームなので何で3位リーグにいるのか改めて1次リーグの組み合わせを見返してみるとクマガヤSCさん・ヴァンフォーレ甲府さんと同じブロック…ちょっとクジ運が悪かったでしょうか。

247.jpg

いやぁ、防戦一方で全く相手の動きについていけません。あまりの相手の上手さに写真を撮りながら何度苦笑したことか…。
もう“成す術が無い”とはまさにこの事です。レジェンド熊谷U-14軍団の動きも何とな~く重そうです。
もう前日の試合をそっくりそのまま見ているようで、連戦になると最初はいいけど後が…というのがパターン化されてしまっているようです。

169.jpg

試合後にコーチが「この子たちは波があり過ぎ」と言っていましたが、本当にその通りだと思いました。
確かに相手の上手さにのまれてしまった部分はあるのかも知れませんが、メンタル的な要素が多分にありそうです。
それでもあれだけの劣勢の中でも前半を何とか0-0で折り返すなど、集中力が途切れているわけでもなさそう。

203.jpg

その証拠に…なるかどうかわかりませんが、2点をリードされた後半25分に哲也くんが1点差に迫るゴールを挙げたとたんにレジェンド熊谷攻撃陣が、それまでとは別人のような動きで怒涛の攻撃を開始したんです。
「え? そんな攻撃ができるんなら最初っからやろうよ」というのはU-14軍団に限らず、もはやレジェンド熊谷の特徴のようになってしまっているんですが、この辺りは今後の大きな課題になりそうです。

195.jpg


さて、3日間に亘って開催された今年の大会も無事に終わりましたので、全チームの最終順位をお知らせいたします。

優勝
鹿島アントラーズ

準優勝
東急SレイエスFC

3位
クマガヤSC

 4位 浦和レッズ

 5位 FC古河JY

 6位 FC深谷

 7位 SULFUS oRs

 8位 FCみやぎバルセロナ

 9位 名古屋グランパス三好FC

10位 カムイJr

11位 大宮アルディージャ

12位 多摩大目黒中学校

13位 ヴァンフォーレ甲府

14位 前橋Jr

15位 モンテディオ山形JY村山

16位 カターレ富山

17位 GRANDE FC

18位 三郷Jr

19位 FCトリプレッタ

20位 クラブ レジェンド熊谷

21位 FCおおた

22位 柏レイソルA.A.TOR'82

23位 新島学園中学校

24位 埼玉栄中学校

大会にご参加いただいたチームの選手・関係者の皆様、3日間お疲れ様でした。
また来年もよろしくお願いいたします。



【レジェンド熊谷試合結果】

第1日目(12/21)
①レジェンド熊谷 1-5 前橋Jr ●
②レジェンド熊谷 1-5 東急SレイエスFC ●
※1次リーグ3位

第2日目(12/22)
①レジェンド熊谷 2-1 柏レイソルA.A.TOR'82 ○
②レジェンド熊谷 0-3 埼玉栄中学校 ●

第3日目(12/23)
①レジェンド熊谷 3-0 三郷Jr ○
②レジェンド熊谷 1-2 FCトリプレッタ ●


全6試合 2勝4敗 得点8 失点16  総合20位

課題を克服して強いチームになろう!!!


ではまた



今日のベストショット
124.jpg
レジェンド熊谷名物 味方同士で奪い合い!?  by悠人くん&哲也くん

今日のオマケショット
250.jpg
251.jpg
試合終了後 補助競技場の外周をひたすらランニング  みんなガンバレ~!!



H25.12.23 アンダーアーマーカップ 三郷Jr戦アルバム

H25.12.23 アンダーアーマーカップ FCトリプレッタ戦アルバム



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 


[タグ未指定]
[ 2013/12/24 17:09 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(0)

とりあえず結果だけ…

つい先程、レジェンド熊谷U-14軍団の『アンダーアーマーカップ』が終了しました。
昨夜も仕事で今夜も仕事…何だかんだで12月20日から今日までほとんど寝ていないSぱぱ、さすがにシンドイので、今回の更新では試合結果のみお伝えいたします。
写真や試合内容、最終順位などは明日改めて更新したいと思います。


【レジェンド熊谷 UAカップ12/23試合結果】
第1試合
レジェンド熊谷 3-0 三郷Jr

第2試合
レジェンド熊谷 1-2 FCトリプレッタ


順位は…20位ぐらいかなぁ…。


てことでSぱぱは今夜の仕事に備えて寝かせていただきます。


おやすみなさ~い



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 


[タグ未指定]
[ 2013/12/23 15:53 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(2)

アンダーアーマーカップ2日目結果

昨日はちょっとした手違いでとんでもない事になってしまったSぱぱですが、今日は朝からアンダーアーマーカップをガッツリと見ることができました。

今年の大会は昨年・一昨年と比べると実に暖かい! いや、実際には寒いんですが今年は風の向きが北寄りではなく西寄りだったせいなのか、つま先がジンジンと痛くなるような寒さではありませんでした。
もっとも午後から移動した利根川河川敷の葛和田サッカー場に関しては風がどっち寄りだろうと耐えられないぐらいの寒さでしたが…。

とりあえず今夜も仕事なのでサラッと結果をお伝えしたいと思います。


【試合結果】
[第1試合]
@熊谷スポーツ文化公園東多目的広場
レジェンド熊谷 2(2-1/0-0)1 柏レイソルA.A.TOR'82
〔得点〕
レジェンド熊谷(前半1分・叶夢くん)
レジェンド熊谷(前半7分・翼くん)
柏レイソルA.A.TOR'82(前半9分)


試合開始早々、一気に攻めるレジェンド熊谷U-14軍団、叶夢くんが素早いドリブルで駆け上がり何とわずか1分で先制ゴール!
前日に2連敗してしまったイヤな流れを払拭するようなゴールでした。

005.jpg

006.jpg


足先の技術などは全く歯が立たない感じでしたが動きそのものは決して悪くありません。こうなるとすぐにでも欲しいのが追加点。
選手は変われど昨年のこの大会で準優勝している柏レイソルA.A.TOR'82さんだけに何点取っても取り過ぎってことはありません。

待ちに待った追加点は前半7分。
相手選手のファールで得たフリーキックのチャンスで、キッカーの悠人くんが蹴ったボールがドンピシャで翼くんの頭へ!
見事なヘディングシュートが決まって早い時間帯で2点をリードしてイケイケムード満開!!

024.jpg

026.jpg

と思いきや…
わずか2分後の9分に1点返されちゃった…。

2-1でリードしての後半。
たった1点のリードに気を緩めることなく30分間を守り抜いたレジェンド熊谷U-14軍団。
相変わらず相手は上手かったけど雰囲気的には10月19日のU-13軍団の試合のときのような感じで、相手が横パスを多用してくれているうちに守りの態勢ができたのかも知れません。
特に前半で相手がオフサイドを連発させたのもラッキーでした。

そんなこんなでレジェンド熊谷U-14軍団、アンダーアーマーカップ初勝利!!


[第2試合]
@熊谷スポーツ文化公園自由広場
レジェンド熊谷 0(0-0/0-3)3 埼玉栄中学校
〔得点〕
埼玉栄中学校(後半7分)
埼玉栄中学校(後半11分)
埼玉栄中学校(後半20分)


第1試合の勝利は何だったの??と思ってしまうような展開。いや、展開も何もありません。
埼玉栄中学校さんの巧みなパスワークに翻弄されまくったレジェンド熊谷u-14軍団。文字通りいいようにやられちゃいました。

119.jpg

165.jpg

188.jpg

158.jpg


どんな負け方をしても多少の良い部分というのは目につくものですが、この試合に関してはレジェンド熊谷側の「これ」というシーンが全く思い浮かびません。コメントのしようがないというのが正直なところです。
まあ長くサッカーをやっていればこういう時もあるのかなって感じ。
っていうか埼玉栄中学校さんが強かったです。


さて、今年の大会も残すところあと1日。大会に参加してくださった選手・関係者の皆様に良い思い出をたくさん持って帰ってもらいたいと思います。
みなさん、ラスト1日、怪我無く元気にサッカーを楽しみましょう!
レジェンド熊谷U-14軍団のみんなも最後は笑って終われるように頑張ろうぜぃ!!


ではまた


今日のベストショット
009.jpg
試合開始1分でゴ~ル! by叶夢くん



H25.12.22 アンダーアーマーカップ 柏レイソルA.A.TOR'82戦アルバム

H25.12.22 アンダーアーマーカップ 埼玉栄中学校戦アルバム

※オマケアルバム
H25.12.22 UAカップフレンドリーマッチ FC古河JY戦アルバム



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 










[タグ未指定]
[ 2013/12/22 18:28 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(0)

何やってんだか…

いつもの金曜日なら明け方ぐらいには仕事が終わって…というのはこれまで何度かこのブログでお話していますが、昨夜は大トラブル大会で仕事が終わったのが朝9時半。
残業代は稼げたものの今日はレジェンド熊谷にとって大きなイベントが2つ…。
その一つがU-14カテゴリのアンダーアーマーカップ、もう一つがU-13カテゴリの県ユース選手権代表決定トーナメント。

008.jpg
荒川総合運動公園土手上から南方面を望む レジェンド号がポツンと寂しそう…

アンダーアーマーカップのほうはレジェンド熊谷の第1試合がすでに9時から始まっていて間に合うはずもなく、U-13のほうは試合開始時間が11時半だったものの試合会場がさいたま市の荒川総合運動公園なので、一旦自宅に帰っていろいろと準備していると開始時間に間に合うかどうか微妙なところ…。しかしアンダーアーマーカップはすでに間に合っていないのと、U-13が公式戦であるという事から気持ちは荒川総合運動公園に傾いておりました。

011.jpg
荒川総合運動公園土手上から北方面を望む 天気良し風無し気持ちイイ~!

とりあえず一度自宅に帰り、昨日までの悪天候によって中止になっている可能性もあるのでネットで情報を拾ってみると、レジェンド熊谷の試合は試合開始時間を遅らせて14:30キックオフに変更となっている模様。
もう考える余地はありません。14:30試合開始なら全然余裕♪
ということで車を一路さいたま市の荒川総合運動公園に向けて走らせたのでした。
しかし…

010.jpg
荒川総合運動公園土手上から大宮市街地方面を望む

試合開始時刻の1時間前に現地に到着。試合を行なうのは北面サッカー場という事なので恐らく土手を降りてすぐ左手にあるサッカー場のはずでしたが、Sぱぱが着いた時には人っ子一人いません。駐車場もガラガラ…。
いくらなんでも1時間前ならもう会場でアップを始めているだろうし、何よりもレジェンド熊谷の試合の前に行なわれているはずの試合もやっていません。

012.jpg
荒川総合運動公園土手上からサッカー場横テニスコートを望む

もう中止が濃厚の状況ですが、念の為公園内の他の2箇所のサッカー場の様子を見てみると1箇所で明らかに小学生とわかる集団が練習しているのみで、あとは野球少年ばかり…
これまた念の為に15:00まで駐車場で待機していましたがサッカー関係者は誰も来ず…。

007.jpg
荒川総合運動公園北面サッカー場 状態は悪くなかったけど…

何の事はありません。夜勤明けで頑張ってドライブしただけ…。当然ですがアンダーアーマーカップも見られず結果も不明。
昨夜、レジェンド熊谷の野口代表よりお電話をいただいていたんですが、すでに仕事をしていたために電話に出られず…ひょっとしたらU-13の試合が中止になったっていう連絡だったのかも…

しか~し!
たった今、『埼玉サッカーBBS』を見たところ、
クラブ与野5-0レジェンド熊谷
という試合結果が載っているではあ~りませんか!
いやぁ、今回のショックはかなりデカイです…。
っていうか、試合はどこでやってたんだ~???
試合会場が熊谷西高校辺りに変更になっていたとしたら…しばらく立ち直れません…。

あ~ぁ、何やってんだか…


ではまた


【U-13 本日の試合結果】
※速報サイト『FC11』、その他情報より
[第1代表決定トーナメント一回戦]
A.C.アスミ (不明・中止?) SHIRAOKA K's FC

[第2代表決定トーナメント一回戦]
大宮西カリオカFC 1-0 越谷FC

[第3代表決定トーナメント一回戦]
クラブ与野 5-0 クラブ レジェンド熊谷

[第4代表決定トーナメント一回戦]
三郷Jr (不明・中止?) 朝日Jr

[第5代表決定トーナメント一回戦]
大宮FC 5-0 EC JOGADOR

[第6代表決定トーナメント一回戦]
東松山ペレーニア 7-1 武南Jr

[第7代表決定トーナメント一回戦①]
カムイJr 5-0 所沢Jr

[第7代表決定トーナメント一回戦②]
プレジールSC入間 (不明・中止?) 富士見プリメイロFC

[第8代表決定トーナメント一回戦①]
FCアウル 3-1 飯能ブルーダー

[第8代表決定トーナメント一回戦②]
見沼FC (不明・中止?) FCアスルクラロ八潮


※オマケ情報
【アンダーアーマーカップ レジェンド熊谷試合結果】
①前橋Jr 5-1 レジェンド熊谷
②東急SレイエスFC 5-1 レジェンド熊谷



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 



[タグ未指定]
[ 2013/12/21 20:04 ] ぱぱのつぶやき | TB(0) | CM(4)

ベスト16進出!

今日はレジェンド熊谷U-14軍団が『第23回埼玉県クラブユース(U-14)サッカー選手権大会』決勝トーナメント二回戦に挑みました。対戦相手は先週の県リーグ2部参入決定戦で0-3と完敗を喫したFC深谷さんです。

先週の試合では得点差ほどの力の差は感じられなかった(10分ちょっとしか見てないけど…)だけに今回は得点の上でもいい勝負をしてもらって、できればリベンジを果たしてもらいたいと思っていたんですが…


【試合結果】
@深谷市仙元山多目的グラウンド
レジェンド熊谷 2(0-0/2-0)0 FC深谷
〔得点〕
レジェンド熊谷(後半26分・叶夢くん)
レジェンド熊谷(後半29分・優希くん←多分…)

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 004

てことでリベンジ達成~!

試合開始直後からドカンと攻めてくるFC深谷さん。なんと開始10秒足らずで早くもコーナーキックのピ~ンチ!
このピンチはなんとか凌いだもののこの先一体どうなってしまうのか…先が思いやられる立ち上がりになりましたが…。

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 009

12月7日の見沼FC戦以来、どことなく一段と動きが良くなったように見えるレジェンド熊谷U-14軍団。特に守りの安定感が一段と増したようで、この試合でもキーパーを含めたディフェンス陣がギリギリのところでFC深谷さんの攻撃を断ち切っていきます。まさに“紙一重”の勝負。

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 011

とにかくいくら攻められても先に点を取られてはマズイ…何でもいいから前半は守り切ってほしいと思っていたものの前半14分ぐらいからレジェンド熊谷U-14軍団が徐々に盛り返し、以降前半が終了するまではほとんどレジェンド熊谷ペースで試合が進んでいきます。
そして無失点で前半終了。

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 036

後半になると完全に“膠着状態”となり、ボールが行ったり来たりするだけでお互いに攻め手を欠いている感じで時間だけが過ぎていきます。
ここまでに必死に守り抜いてきたレジェンド熊谷U-14軍団は後半も15分を過ぎた辺りから全体的に足が止まり始め、FC深谷さんはここぞとばかりに中盤から大きくボールを蹴り出して裏を取ろうとしますがレジェンド熊谷守備陣が懸命にクリア!

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 096

そして試合を観戦している保護者の方々から「同点の時は延長? PK??」などという会話がちらほら聞こえ出した20分過ぎ、おそらくこの試合の中での一番のピンチを迎え、レジェンド熊谷ゴールの前で両チームの選手が入り乱れましたがここを何とかクリア!
一転一気に攻め上がるレジェンド熊谷は県リーグ参入戦一回戦の見沼FC戦で2ゴールを挙げている叶夢くんが値千金のゴ~ル!

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 108

残り時間4分。
ここからFC深谷さんはこれまでにも増してロングボールを前線に蹴り込んできます。
4分もあれば1点や2点は取れる力を持っているFC深谷さんだけにレジェンド熊谷U-14軍団もこの試合の中で一番の集中力で相手の攻撃をかわしていきます。
残り2分を切って「もう死ぬ気で守れ~!」と心の中で叫びながらカメラのシャッターを押していたその時、センターサークルの少し前寄りでボールを受けた哲也くんが相手をかわし猛然とドリブル突破してほとんどキーパーと1対1!
「打て~!!」

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 115

あれ? 打たない…
哲也くんの左側からボールを奪いに来た相手選手を見て、冷静な判断で無理にシュートを打たず一旦ボールを右にはたきそのボールは逆サイドへと回され、そこで再びボールを受けた哲也くんがセンタリング!
頭だったのか足だったのか…どんな状況だかほとんどわからないうちに、後半途中から試合に出場していた優希くんがレジェンド熊谷の勝利を決定づけるダメ押しゴ~~~ル!!!

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 118

息詰まる試合を手に汗握りながら観戦していたお母さま方、もう感激の余り泣いちゃってます。
それもそのはずで、先週負けたばかりで正直言ってちょっと勝つのは難しいかなと思われた相手に必死で立ち向かい、得点を許さず試合終了まで残り4分で劇的なゴールを2つも挙げちゃったんですから無理もありません。

H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 121

勝利の瞬間、お母さんたち以上に喜びを爆発させたレジェンド熊谷U-14軍団のみんな、素晴らしい仲間と共に素晴らしい“応援団”に見守られながら素晴らしい相手とこんなにも素晴らしい試合ができたことに対して感謝する気持ちを絶対に忘れないで下さいね。
こんなに良い試合を見させてもらってSぱぱもみんなに感謝してますっ!!


ということでベスト16進出おめでとう~!!!


今日のベストショット①
H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 124
逆光でわかりづらいですが…勝利の“V” by直樹くん&翼くん

今日のベストショット②
H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 125
礼に最中にも“V” by翼くん  う~ん、将来大物になる予感

今日のオマケショット
H25.12.14 U-14 クラブユース決勝T FC深谷戦 126
最後にまとめて“V”


H25.12.14 U-14クラブユース選手権決勝T FC深谷戦アルバム

パソ不調で載せられなかったので…↓
H25.12.7 U-14県リーグ参入戦 見沼FC戦アルバム



【U-14トーナメント 12/14試合結果】
※速報サイト『FC11』 その他情報より
〔決勝トーナメント〕
朝霞エステレーラ 2-1 HAN FC

坂戸ディプロマッツFC 1-0 鴻巣ラホージャ

FCフェスタ 2-1 三郷Jr

グランデFC 2-0 クラブ与野

1FC川越水上公園 5-1 FC ASAS上尾

大宮アルディージャ 6-0 岩槻FC

浦和レッズ 10-0 セレブロFC

FC KASUKABE 1-0 ACアスミ

カムイJr 1-0 C.A.アレグレ

東春72 1-0 東松山ペレーニア

レジェンド熊谷 2-0 FC深谷

成立ゼブラ 2(PK4-3)2 所沢Jr

クマガヤSC 2-0 FCアウル

武南Jr 2-0 大宮FC

FCコルージャ 2-0 プレジールSC入間

フォルチFC (不明) 草加Jr



〔サテライトトーナメント〕
FCナシオナル 1-0 ロクFC

K's FC 10-0 加須JY

見沼FC 3-1 鴻巣FC

FC KAZO 6-0 ティブロンFC

飯能ブルーダー 6-2 レスト戸田

朝日Jr 5-0 TAKESHINO

GRAMADO NFC 3-1 FC UNICO

越谷FC 1-0 鶴ヶ島アピロン

SSカンテラ 6-0 越谷シリウス

EC JOGADOR 5-0 上尾SC

FCアビリスタ 3-2 大宮西カリオカFC

東川口FC 2-0 フェヅンツFC

FCカーニョ 1-0 FCパルセイロ

フィグラーレ狭山FC 10-0 すみれFC

FC入間 6-0 アヴェントゥーラ川口

FC LAVIDA 7-1 GOODNESS JYFC



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 





[タグ未指定]
[ 2013/12/14 20:02 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(2)

いやぁ、ムリだ…

先日、ひょんな事から生まれて初めて“ハイブリット車”というものを運転する機会がありました。
当然ですがとっても静かです。

出だしの高回転域ではモーターではなくエンジンが回っているはずですがそれでも静か。
シフトアップしてエンジン回転が下がると自動でモーターに切り替わるワケですが、そうなるとタイヤのロードノイズしか聞こえてきません。ちょっと不気味なほど…。

トヨタのセルシオが出た時は「こんな静かな車があるのか」と驚いたもんですが、あれは遮音効果を極限まで高めただけであって実際にエンジンの音は出ているんですが、ハイブリット車はエンジンそのものが回っていない…そりゃ静かです。
しかし…

Sぱぱが運転した車はアイドリングストップ機能なるものが付いていたもので、信号待ちなどで車が停止するたびにエンジンが切れるんですが、これが“クセ者”でした。
普通に交差点を直進する分には別にどうということはないんですが、問題は右折の時…。

対向車が通り過ぎるのを待って、しばらく対向車の姿が無い時はいいんですが、ちょっとした隙に「行ける!」と思ってアクセルを踏むと…
「え? え??」

停止していたエンジンはアクセルを踏んだと同時に「ヒュルン」とかかり、その後に車が動き出すので一般の車のようにアクセルを踏んだと同時に発進するワケではなく、ワンテンポのタイムラグがあるんです。
これには面喰いました。

通常の判断なら「イケる」ところで行けず、直後に停まっていたクラウンさんにクラクションをプレゼントされる始末…。
小一時間運転する中で何度か右折する機会がありましたが、最後まで馴染めませんでした。

アクセルに対して俊敏な反応ではないので「え?」と思い、瞬間的にさらに強くアクセルを踏み込んでしまうためイザ発進するときには「ガクッ、ブォ~ン」って感じでハッキリ言って挙動不審…。
何でもない顔でアイドリングストップ車を運転している方はホントにスゴイと思いました。

Sぱぱは…一生アイドリングストップ機能の車は買わないだろうなぁ…っていうか買えないけど…。

Sぱぱにはムリだ~!!!


ではまた


  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 



[タグ未指定]
[ 2013/12/11 21:11 ] ぱぱのつぶやき | TB(0) | CM(0)

最後の試合

とうとう『熊谷総体』の日がやってきてしまいました。
レジェンド熊谷第3期生軍団にとって最後の大会、そしておそらく第3期生単体では中学年代最後の試合。対戦相手は天下のクマガヤSCさんです。

熊谷総体は熊谷市のチームが試合をする大会で、現在熊谷市において連盟に正式加盟しているジュニアユースのチームはクマガヤSCさんとレジェンド熊谷だけなので、一回戦即決勝戦ということになります。
なんで中体連を一緒に参加させないのか以前から不思議に思っていたんですが、まあ色々あるんでしょう。
ちなみにこれまでの熊谷総体ではレジェンド熊谷は全て“準優勝”に輝いています(要するに1回も勝っていないということ…)。
涼にとっても最後だし、今年ぐらいは勝ってもらいたかったんですが…


【試合結果】
@熊谷スポーツ文化公園補助陸上競技場 30分ハーフ
レジェンド熊谷 0(0-1/0-3)4 クマガヤSC
〔得点〕
クマガヤSC(前半7分)
クマガヤSC(後半8分)
クマガヤSC(後半12分)
クマガヤSC(後半28分)


ハイ! こんなモンです。
でもまあ、とりあえず点差はついてしまいましたがレジェンド熊谷的にはそんなに悪い内容ではありませんでした。相手が強かったですね。

H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 008

クマガヤSCさんと言えばやはり当ブログでも何度か書かせていただいている瑠佳くんが気になりまして…。
涼とはU-12埼玉北部選抜の選手として共に埼玉国際ジュニアサッカー大会を戦い、苦しかったケガを経ての復活後はお互いのチームが4種リーグや小学生最後の試合となった行田本部長杯などで文字通りの死闘を演じたこともあり、これが中学年代最後の対戦になると思うと本人たちはそうでもないとは思いますがこちらにとっては感慨深いものがあります。
今後はお互いの進路の関係で滅多に顔を合わせる事もできなくなりそうですが、次のステージでも瑠佳くんらしいサッカーで頑張ってくださいね!

H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 040

結果は0-4で負けてしまいましたが体調が万全ではない中でキーパーの大輔くんは必死にレジェンドゴールを守ってくれたし、流汰くんもキレの良いドリブルを見せてくれたし、何よりも第3期生全員が今日参加できたのが一番良かったかな。集合写真撮れなかったのが残念だったけど…

H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 085

H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 139

あ、そうそう、今日の試合に第2期生の先輩たちが何人か見にきてくれてました。
卒団しても気にしてくれてるって嬉しいですね。涼なら絶対に来ないだろうな…
みんないい先輩たちです。

H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 121



さて、今日は熊谷総体の他に、レジェンド熊谷にとって大事な大事な試合がもう一つありました。
U-14軍団の県リーグ2部参入決定戦です。
前回更新でもお話ししたように深谷市の仙元山陸上競技場で11:40試合開始だったんですが、涼が解散するまで待っていたので熊谷スポーツ文化公園を出たのは12時半過ぎ…とにかく猛ダッシュで仙元山陸上競技場に向かいました。
とりあえず試合が終わる前には着いたんですが見ることができたのは10分ぐらい…。

H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 233
H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 242
H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 251

結果はFC深谷さんに0-3で負けてしまい、来年度の県リーグ2部への昇格はおあずけとなってしまいました。
10分ぐらいしか見てないけどレジェンド熊谷U-14軍団の動きは決して悪くありませんでした。前日の見沼FC戦と比べても遜色ないぐらいでしたが、まあこれも熊谷総体同様、相手が強すぎました。
FC深谷さんとは次の土曜日にクラブユース選手権の決勝トーナメントで対戦するので、その時にリベンジできるように頑張りましょう!


さて、熊谷総体も終わりこれで一息ついた第3期生軍団。
あとは志望校に向かって突っ走るのみ! 一つでも多くの英単語を頭に叩き込みましょう。一つでも多くの漢字を覚えましょう。問題集や過去問を数多くこなしましょう。
サッカー選手である前に受験生であることは忘れないように! わかったか!? 涼~!!

ガンバレ受験生!!!


ではまた


今日のベストショット
H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 143
中学最後の競り合い  by瑠佳くん&涼


今日のオマケショット
H25.12.8 U-15 熊谷総体 クマガヤSC戦 157
戦う相手は審判??  by涼


  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 


[タグ未指定]
[ 2013/12/08 19:18 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(4)

久々のバッティング…

来年度からU-15の県トップリーグが2部制になるのに伴い、今日・明日の2日間でその2部リーグに“昇格”する4チームを決めるトーナメント戦を行います。
そして今日はレジェンド熊谷U-14軍団が熊谷西高校のグラウンドで“県リーグ2部参入”を目指す第1戦目、見沼FC戦に挑みました。

チームに新しい歴史を刻むためにも絶対に勝ちたいところ。しかし相手は見沼FCさん。学年も選手もまるっきり違うんですが、どうしても去年のクラブユース選手権で3位になったイメージが拭い去れずにいたSぱぱでした。

しか~し!

今日のレジェンド熊谷U-14軍団、やってくれちゃいました!


【試合結果】
@熊谷西高校グラウンド
レジェンド熊谷 3(2-1/1-0)1 見沼FC
〔得点〕
レジェンド熊谷(前半6分・叶夢くん)
レジェンド熊谷(前半23分・哲也くん)
見沼FC(前半26分)
レジェンド熊谷(後半28分・叶夢くん)


前回更新でお話ししたようにメインパソのHDDがダメになり現在サブパソを使って更新しているんですが、そのせいで撮った写真がパソコンに保存できません…。なのでせっかくの“大金星”も写真ナシ…。
いやぁ、ツライです。
早くカードリーダー買わなくっちゃ。

今日のレジェンド熊谷U-14軍団、決して勝てたからというワケではありませんが見ていて本当に面白かったです。
「あ~、ちゃんとサッカーしてる~」って感じ。
サイドからの攻撃がキチンとできていて、「こんなにイイ動きができるんなら最初からやってよ~」と逆にボヤキたくなってしまうほど。

1点目の叶夢くん・2点目の哲也くん、共に完璧でした。
特に哲也くんは長いことケガで戦列を離れていたこともあり、今日の“復活弾”は一際嬉しいゴールでした。
もう全然心配なさそうだね。

前半26分に不運なPKで1点失ったものの、それでも気持ちを切らさなかったレジェンド熊谷U-14軍団。
なにしろ良く守りました。
エースストライカーの哲也くんが復活したもののまた別の選手が何人かケガしてしまい、決して台所事情が楽なワケではない中で見せた1年生キーパー・涼楓くんのファインセーブ。普通にあと2~3点取られてもおかしくない場面をことごとく防いだ姿は感動モンでした。

細かいパスと縦ポンを織り交ぜて攻める見沼FCさんに対して、ボールを奪うとすぐさまサイドに展開して仕掛けるレジェンド熊谷。
前半途中、11分にレジェンド熊谷、17分に見沼FCさんが決定的な場面を作りますがゴールには至らず…。
特に17分の見沼FCさんが攻めてきた時はほとんどキーパーと1対1になったけど涼楓くんが体を張って守り切りました。

しかし点差はわずかに1点。攻撃力に定評のある見沼FCさんが相手だったことに加え、この県リーグ参入戦は35分ハーフ。30分から先の5分はレジェンド熊谷U-14軍団にとってはほとんど未知の世界だったワケですが、本当に最後まで集中していました。
そしてレジェンド熊谷の勝利をほぼ決定づけた後半28分のゴールは先制点を挙げた叶夢くん。
30分過ぎにハットトリックの絶好のチャンスがあったけどシュートしたボールはサイドネットへ…まあ、ご愛嬌ということで…。

それにしても、今日2ゴールの叶夢くんと“復活弾”を放った哲也くんは共に行田ペガサスの出身。オマケにスーパーセーブを連発した1年生キーパー・涼楓くんは行田星河出身ということで、今日の熊谷西高校グラウンドでは“行田パワー”が炸裂でした。

これで明日の『参入決定戦』にコマを進めたレジェンド熊谷U-14軍団。明日勝てれば晴れて県リーグ2部に昇格することが決定するんですが、決定戦の対戦相手はFC深谷さん。
FC深谷さんとは今月14日のクラブユース選手権決勝トーナメント二回戦で対戦することが決まっているので、ここは何がなんでも勝っておきたいところなんですが…強いんだなぁ…。
でも今日みたいな動きができれば十分勝機はあると思うゾ!

で、明日も見に行こうと思っていたら…
明日はレジェンド熊谷第3期生軍団の最後の大会、『熊谷総体』が熊谷スポーツ文化公園で開催されちゃいます。
個人的にも涼が最後の試合になるし、親としてはまあ当然見に行くんですが、熊谷総体の試合開始が10:10。そしてU-14軍団の参入決定戦の試合開始が11:40。その差1時間半で熊谷スポーツ文化公園から参入決定戦の試合会場の仙元山陸上競技場まで余裕を持って30分ぐらいとすると…何とか後半途中ぐらいから見られるかなぁ…。
あとは熊谷総体が終わってからどれぐらいの時間で解散になるか…。

もうどっちにしろSままと別行動で車2台出し決定!かな?

久々のかけもちだ~!!!


ではまた



  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 

[タグ未指定]
[ 2013/12/07 21:37 ] レジェンド熊谷 | TB(0) | CM(0)

いやぁ、参った…

いやぁ、参りました。何が参ったって…

12月1日(日)に熊谷西高校のグラウンドでクマガヤSCさんとレジェンド熊谷の練習試合があって、基本的には1・2年生の試合でしたが一部の3年生も参加していました。
最後の公式戦以来、3年生が試合をしている姿を見るのは久しぶりだったので全員いたわけではありませんでしたが例によって写真を撮りに行ったんですが…

思いのほか解散が遅い時間になってしまい、その日の夜も仕事だったSぱぱは自宅に帰ってから急いでいつものように撮った写真をパソコンに移そうとパソの電源を入れたところ…

あれ! あれ? あれ!?

電源は入ったもののメーカーロゴが映し出された直後に画面は真っ黒に…
1分・2分・3分…いくら待ってもWindows XPの“ようこそ”画面に移行しません。

え? え!? え~!?

とりあえずお決まりの「Ctrl」+「Alt」+「Delete」で再起動を促しますがダメ…。
5~6回繰り返しても富士通のメーカーロゴのあとは画面が真っ黒に…。
やりたくなかったんですがスタートボタンからのシャットダウンができないので仕方なく電源ボタンで強制終了。
気持ちを落ち着かせて5分後ぐらいに再度起動するも状態は変わらず。そしてまた強制終了。

そんなことをやはり5~6回繰り返したでしょうか。もう埒が明かないので起動後に「F8」ボタンを連打連打で起動メニューを立ち上げてセーフモードでの起動を試みたもののこれもダメ。
セーフモードでも立ち上がらないXP君にようやく慌てふためくSぱぱ。
ブルースクリーンならまだしも今回はブラックスクリーン。そんなにパソコンに詳しいワケではないSぱぱでもかなりの“重度障害”を悟ったのでした。しかもこの手のトラブルの原因の一番大きな可能性はHDDのクラッシュ…。

でも何でだろう…?
強い衝撃を与えたこともないし普段からHDDがカリカリと音を立てていたワケでもないし容量250GBに対して5分の1ぐらいしか使ってないし不要なデフラグもかけてないし…。
仕事に出かけるまで3時間ぐらい寝られると思っていたのにそれどころじゃなくなりました。

ソッコーでパソの蓋を開けてHDDを外してチェック。ケーブルの緩みや冷却装置など自分ででき得る部分は全てチェックしてもう一度HDDをセットして起動をかけるも状態は変わらず…。
ヤバい…

何がヤバいって、これは完全なる自己責任ですが、現状必要なファイルなどのバックアップを全く取っていなかったんです。
もう呆然…。

今、この記事を作成しているのはメイン機とは比べ物にならないくらい超低スペックのサブパソコンで、ブログの記事更新ぐらいは普通にできますが、メイン機のようにパソコン本体にメモリーカードスロットが付いていないので先日撮ったクマガヤSCさんとの練習試合の写真も移すことができません。慌てて大昔に買ったカードリーダーを探しまくるも見当たらず…。まあそれはリーダーを新たに購入すれば済む事なのでいいとして、問題はクラッシュしたと思われるHDDの中身…。

これを業者に救済を頼むとどんなに安くても3万円ぐらいで、救済するファイルの量や種類によっては数十万円という莫大なお金がかかってしまうことも…。
情報量としては、ここ数ヵ月ぐらいの間にパソコンを使った仕事もしていたので1つのホームページだけでもかなりの量になると思われ、とても業者に頼める余裕もありません。
オマケに、こんなことになるとは思わずトラブルシュート初期の段階で強制終了を繰り返してしまったのでかなりの量のファイルがブッ壊れたはず…。

とりあえずモノは試し。再度ダメなHDDを外してサブパソコンのHDDと入れ替えてサブパソコンでダメなHDDが読み取れるかどうか試みようと思ったんですが、ここで基本的かつ致命的な事が…
HDDの種類が、ダメHDDがS-ATAに対しサブのほうがIDEだったんです。
サブパソの蓋を開けて太い板布状の信号ケーブルが目に入った瞬間にもう諦めました。
ケーブルのインターフェイス(差し込み口)の形状が全く違うので太刀打ちできません。

もうこうなったら最後の手段!
業者に頼む気なんてサラサラ無いので(っていうかそんなお金が無い…)HDDのUSB変換ユニットを買ってきて移すしかありません。が、前述したように絶対にやってはいけない強制終了をバカみたいに繰り返してしまったので、仮に拾えるとしてもどれくらいのファイルが拾えるか…。
最低限、写真・仕事で使うID&PWのエクセルファイル・レジェンド熊谷HPのログインPWの3つだけは確保したい!!
もっとも変換ユニットでも読み込めなければそれで一巻の終わりですが…。


ということで普段からパソコンを扱っている皆様、それがただの趣味であってもバックアップのクセだけはつけておきましょう!
Sぱぱのように、ほとんどHDDから異音がしなくても急にダメになることもあります。

それにしても…仕事に使う資料すらバックアップしてないなんて…しくじったなぁ…。


ではまた


  
ジュニアユース ブログランキングへ
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 

[タグ未指定]
[ 2013/12/04 10:57 ] 今日の出来事 | TB(0) | CM(0)

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君
【Amazon.co.jp限定特典】「ホイミンのTシャツ」が先行入手できるプレゼントコード付
とけい&かれんだ~
忘れないでください!
*熊谷のサッカー少年の尊い命を奪った卑劣なひき逃げ犯を捕まえるため、引き続きご協力宜しくお願い致します。




スポンサーリンク

学力向上の近道はここ!

個別指導で自立力を育てます!
埼玉県深谷市

オーダーメイド型個別指導塾
スタートライン



小学5年生~中学3年生対象の
オーダーメイド型個別指導塾

塾長のブログはコチラ



★自立学習応援プログラム
『すらら』

スタートラインでは、基礎学力の向上、勉強する楽しさを身に付ける為にインターネット教材『すらら』を導入し、「わかる!」「できる!」「うれしい!」を実現します。


 ↑ 『すらら』の詳細はこちら ↑ 


 ↑ 『すらら』の無料体験もどうぞ ↑ 

「スタートラインでは」基本コースの他、英検や数検などの合格を目指す検定速習コースや、自宅で学べる通信コースが選んでいただくことができます。

二週間無料体験を随時募集しておりますので、お気軽にお問い合わせください。




個人のレベルに合わせた学習指導で無理なく学力向上ができます。
塾長先生はサッカー経験者で、現在ジュニアユースクラブチームのコーチも兼任しているので、「サッカーは大好きだけど勉強はちょっと…」というサッカー少年たちは勉強の合間にサッカーの技術向上のお話しなんかもできるかも!?

「塾には通わせたいけどどこが良いのかわからない」とお悩みの保護者の皆様、二週間無料体験をぜひお試しください!


フォローお願いしますっ!
上武大学サッカー部【公式】

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


東京成徳大学深谷高校サッカー部公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


クラブ レジェンド熊谷公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。



ついでにこちらも…

画像をクリックしていただくとSぱぱTwitterアカウントにジャンプします。


ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村


大学サッカーランキング


高校サッカー ブログランキングへ


ジュニアユース ブログランキングへ




清き1票をよろしくお願いします!



ジオターゲティング




あ~した天気にな~ぁれ
メールフォーム

Amazon