良い思い出になったんだろうか…

先週末、優奈が通っている中学校の野球部が学総体の試合でした。
何故いきなり野球部の事を書くのかというと、優奈が所属していたソフトボール部が意味不明の休部に追いやられた際に優奈は先生から「とりあえず野球部で手伝いでもしてろ」と言われ、今回の学総体の試合の時も野球部の試合に帯同したからです。

6月26日の一回戦に勝ち、翌27日の試合。あと2勝すれば県大会進出が決まります。しかも27日の二回戦の試合会場は熊谷公園の本球場。
熊谷公園野球場は高校野球の予選会場にもなる、埼玉県北部のメイン球場的な存在。

Sぱぱは高校時代にここの球場で試合をした事がありますが、それなりにスタンドがあってそれなりのベンチもあってそれなりのスコアボードもあって、“憧れ”とまではいかないまでも北部の中学校の野球部であれば一度はプレーしたいと思うぐらいの球場ではあります。

そして27日の二回戦では何と! ただの“手伝い”のはずの優奈が熊谷公園野球場のベンチに入れるとの事!
野球経験のあるSぱぱにとっては「おぉ、熊球のベンチに入れるのか!?」と目を細めてしまうところですが、当の優奈は大して野球には興味がないのでこの球場の存在価値すらわからない様子…。
本当は喜ぶべき事なんですけどねぇ。

[タグ未指定]
[ 2014/06/29 04:54 ] 部活 | TB(0) | CM(0)

なんだか腑に落ちない部員不足の対応

優奈はソフトボール部に所属していました。
ソフトボール部は毎年6月に開催される学総(学校総合体育大会)が終わって3年生が引退するという流れになります。
まだ学総大会は始まっていません。なのになぜ「所属していました」と過去形の言い方になるのかというと…
部員不足のためにソフトボール部が“休部”になってしまい、学総大会にエントリーできなくなってしまったからなんです。
3年生の優奈は最後の公式戦に参加することなくソフトボール部を“引退”するハメになってしまったんですが…。

[タグ未指定]
[ 2014/06/05 10:28 ] 部活 | TB(0) | CM(2)

最後の公式戦

ここ数日の暑さでブログ上でも「暑い暑い」と騒いでおりましたが今日は空にかかる雲のおかげで直射日光が遮られ、時折吹く風が心地良い日となりました。
そんな絶好な日和の中で熊谷市立玉井中学校サッカー部が学校総合体育大会の県大会一回戦に臨みました。
対戦相手はさいたま市の超強豪・岸中学校です。

試合会場の坂戸市民総合運動公園はあまりクラブチームの試合では使用されないのでSぱぱは行くのが初めて。
熊谷からそんなに遠い場所でもないので余裕をかましていたんですが、熊谷市の『うちわ祭り』の影響か熊谷市内で渋滞にハマッてしまい、オマケに坂戸市民総合運動公園の駐車場事情もわからない上にサッカー場近くにある市民プールが大盛況だったので目につく駐車場はほとんど満車状態…。
試合会場からかなり離れた場所に車を停めるしかなくて、現地に着いた時には試合開始時間の5分前でした。
とは言え、玉井中の試合の前に3試合が行なわれていたので少しずつ時間もずれていたのかまだ前の試合を行なっている最中で、結局玉井中の試合が始まるまで20分ぐらい待つことになったのでした。


【試合結果】
熊谷市立玉井中学校 0(0-3/0-5)8 さいたま市立岸中学校
〔得点〕
岸中学校(前半19分)
岸中学校(前半21分)
岸中学校(前半28分・PK)
岸中学校(後半2分・PK)
岸中学校(後半6分)
岸中学校(後半16分)
岸中学校(後半24分)
岸中学校(後半29分)

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 009

ご覧のように玉井中は木っ端微塵に粉砕されてしまいました。
強豪ひしめくさいたま市、そして県南地区を勝ち上がるほどの中学校だけあって、岸中学校の強さはハンパじゃありませんでした。
熊谷市にも富士見中学校という絶対的な強さを誇る学校があり玉井中は富士見中の壁をどうしても打ち破ることができないんですが、今日対戦したさいたま市立岸中学校は熊谷富士見中学校とは異質の強さで、ヘタなクラブチームよりもよっぽど強いと感じました。

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 012 H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 015

序盤から完全に岸中学校ペースで進む試合。
サイドチェンジを繰り返されるたびに振り回される玉井中の中盤から後ろの選手たち。両サイドのタッチラインギリギリまでのスペースを余すことなく活用して攻め上がってくる岸中攻撃陣を何とかかわす玉井中守備陣でしたが、やっとの思いでクリアしたボールは相手選手への絶好のパスとなりまた攻められる…。
哲平くんと直人くんの足でかき回せば勝機が見出せるのではないか、と思っていたものの肝心の2人にボールすら回ってきません。

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 017

それでも玉井中守備陣が本当に良く守って相手に得点を与えませんでした。が…
一つの攻撃の中で確実なパス回しでサイドチェンジを繰り返す相手に対してタッチラインに逃れるか前にクリアするしかできない玉井中。ハッキリ言って点を取られるのは時間の問題でした。
哲平くんと直人くんの足で…なんて言っても、相手選手のほとんど全員が哲平くん並みの足の速さで、ドリブルしている相手選手に追いつくことすら難しい状況でした。

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 030

キャプテンの直人くんと哲平くんはトップでしたが、ただ前線で待っていても一向にボールが回ってきません。
もうこうなるとこの2人が後ろに下がってでも自分でボールを奪わなければどうにもならない状況になってしまい、ラインを上げて攻撃態勢に移ることができません。
それでも2人が頑張ってボールを奪い攻撃に転じる場面が幾度となく訪れますが自らのポジションを下げてしまっているためにゴールまでの距離が遠くなってしまい、ドリブルで突破しようとしてもペナルティエリアの外側で力尽きて奪われてしまう…そんな光景が繰り返されました。

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 032
H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 055

得点経過の詳細は書きませんが(点を取られ過ぎて覚えてない…)前半19分に先制点を取られると堰を切ったように岸中学校のゴールラッシュ!
8得点の中にPKが2つあったんですが、前半終了前のPKは玉井中の選手が自陣ペナルティエリア内でハンドしてしまったもの。そして後半開始直後のPKは自陣ペナルティエリア内でのファールによるものでした。
残りの6点は完璧に攻め切られたもので、玉井中の応援をしているこちらも拍手を送りたくなるようなゴールでした。

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 091 H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 116

もちろん相手がどんなに強くても勝ちたいという気持ちを前面に出して戦っていただろうし、試合に負けてしまったことに関しては当然悔しい気持ちはあるでしょう。
でも選手全員が精一杯の力を振り絞って強豪チームと戦ったことは間違いなく自分の心の財産になるし、これから先、高校に進んでサッカーを続けるにしろ続けないにしろ今回の経験は今後の人生に必ず役立つものだと信じています。

H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 100

ここまでチームを引っ張ってきた直人くん・哲平くん及び玉井中学校サッカー部3年生の皆さん、保護者の皆様、本当にお疲れさまでした。
これで部活は引退となりますが、最後を県大会で終われたことに誇りと自信を持って今後の人生を歩んでください。
2年生と1年生の皆さんは先輩を越えること…それが後輩の義務であることを心に刻んでください。先輩たちの悔しさを晴らすことができるのはキミたちしかいないんです。
来年、先輩たちを越えられるように頑張って練習してください。

ということで玉井中学校サッカー部のみんな…

お疲れさまでした~!!!



今日のベストショット
H25.7.21 玉井中 県大会 岸中学校戦 177
みんな本当によく頑張りました



H25.7.21 玉井中学校学総体県大会 岸中学校戦アルバム



〔学総体県大会7/21試合結果〕
※埼玉サッカーBBSより
【坂戸総合公園】
春日部 ○-× 川越高階
伊奈 ○-× 所沢南陵
行田忍 ○-× さいたま日進
さいたま岸 8-0 熊谷玉井

【戸田市惣右衛門グランド(人工芝)】
川口八幡木 6-4 越谷西
白岡南 5-1 美里
川越富士見 3-1 秩父影森
さいたま原山 4-2 戸田新曽

【東松山市岩鼻運動公園】
蕨第一 3-1 春日部豊春
さいたま尾間木 5-0 三郷南
さいたま南浦和 2(PK4-2)2 立教新座
行田西 ○-× 川口戸塚西

【狭山市赤坂の森公園】
鴻巣西 ○-× 所沢柳瀬
熊谷富士見 ○-× 坂戸住吉
川口芝 ○-× 久喜栗橋東
さいたま東浦和 6-0 狭山台
※得点結果不明部分は結果判明次第加筆いたします




[二回戦(7月23日(火))試合予定]

【さいたま市八王子スポーツ施設サッカー場】

09:30 春日部 VS 埼玉栄

10:50 伊奈 VS 入間野田

12:10 行田忍 VS 吉見

13:30 さいたま岸 VS ふじみ野福岡



【RHF駒場サブグラウンド】

09:30 川口八幡木 VS さいたま白幡

10:50 白岡南 VS 飯能加治

12:10 川越富士見 VS 朝霞第一

13:30 さいたま原山 VS 深谷



【東松山市岩鼻運動公園】

09:30 蕨第一 VS さいたま常盤

10:50 さいたま尾間木 VS 上尾

12:10 さいたま南浦和 VS 滑川

13:30 行田西 VS 秩父第一



【狭山市赤坂の森公園】

09:30 鴻巣西 VS 富士見勝瀬

10:50 熊谷富士見 VS さいたま土合

12:10 川口芝 VS 越谷千間台

13:30 さいたま東浦和 VS 川越砂




にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ  
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 












[タグ未指定]
[ 2013/07/21 23:04 ] 部活 | TB(1) | CM(0)

成長の証

今日はレジェンド熊谷のことは置いといて…
先日、学校総合体育大会(学総体)熊谷市予選決勝戦で強豪富士見中学校に惜しくも敗れた玉井中学校サッカー部。
「惜しくも敗れた」と言っても、まだ県大会進出の夢が破れたワケではありません。
熊谷市2位の学校と、お隣の深谷市2位の学校でプレーオフを戦い、勝ったほうが県大会に進出できるというシステムで、そのプレーオフが本日熊谷さくら運動公園南多目的広場で行なわれました。
対戦相手は深谷市立花園中学校です。


【試合結果】
@熊谷さくら運動公園多目的(南)広場 10:00キックオフ
玉井中学校 3(2-0/1-1)1 花園中学校
〔得点〕
玉井中学校(前半12分・直人くん)
玉井中学校(前半20分・哲平くん)
花園中学校(後半11分)
玉井中学校(後半19分・哲平くん)

H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 005
H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 019
H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 008


ってことで県大会進出決定~!!!

キャプテン・直人くんが先制ゴール、哲平くんが2ゴールで元熊西軍団が大活躍でした!
3点目の哲平くんのゴールはちょっと“ごっつぁん”っぽかったけど、その“ごっつぁん”を演出した直人くんのドリブルは最っ高でした!

H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 039
H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 003


それにしても哲平くん、足速すぎ! ハッキリ言って“スピード違反”です。
ボールを持って一歩目のドリブルですでに“トップスピード”って感じで、華麗なフェイントと相まって相手選手3人ぐらいに囲まれても難なく突破しちゃいます。
中学校の陸上大会で1年生の時から数々の記録を作ってきた哲平くんの足は、さらに磨きがかかっているようでした。

H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 070
H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 144


今日の熊谷地方は最高気温37度という予報が出ていて、試合開始時間の午前10時にはすでに30度を越えているんじゃないかと思うほどの暑さとなり玉井中の選手たちの体力が懸念されていたんですが、この試合は最後までパワーが落ちることもなく、全員が最後まで本当によく走り続けました。
たまにしか見てないけど、みんな驚くほど成長してます。

さて、どうしても華々しくゴールを決めた“元熊西軍団”に目が向いてしまいがちですが、今日の試合でSぱぱが個人的にMVPをあげたいと思ったのは玉井中キーパーの稜汰くんです。
試合途中に何度か相手のパスサッカーに翻弄されかけてかなり危ない場面もあったんですが、稜汰くんが落ち着いて捌いていました。声もよく出てたし。
この稜汰くん、よくよく話を聞くと小学生の時に少年団やサッカーチームに所属していたわけではなく、中学に入ってからサッカーを始めたとのこと。
特に経験者が有利と思われるゴールキーパーですが、全くの未経験からでもここまでのプレーができた稜汰くんが、ある意味この2年ちょっとで一番“成長”したのかも知れません。

H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 057
H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 062


という事で無事に県大会進出を果たした玉井中サッカー部ですが、喜びの余韻に浸るヒマもなく明日からは高円宮杯の戦いが待っています。
現時点でのSぱぱのささやかな夢は高円宮杯の県大会でレジェンド熊谷VS玉井中学校の試合を見ること。
まあ玉井中はともかくレジェンド熊谷がまず県大会進出を決めないとお話にならないんですが…。

まだまだ気が抜けない両チームですが、とりあえず玉井中学校サッカー部の選手・保護者・関係者の皆様、

学総体県大会進出おめでとうございま~す!!!


ではまた



今日のベストショット
H25.7.6 学総体プレーオフ 玉井VS花園 047
先制ゴールを挙げた直人くん パフォーマンスは“ヒゲダンス”!?


H25.7.6 玉井中 学総体プレーオフ 花園中学校戦アルバム



【学総体県大会出場中学校】
[東部地区]
春日部中学校
春日部豊春中学校
越谷千間台中学校
越谷西中学校
三郷南中学校
白岡南中学校
栗橋東中学校
行田西中学校
行田忍中学校

[西部地区]
富士見勝瀬中学校
ふじみ野福岡中学校
川越砂中学校
川越高階中学校
川越富士見中学校
所沢柳瀬中学校
所沢南陵中学校
入間野田中学校
狭山台中学校
飯能加治中学校
坂戸住吉中学校
滑川中学校
吉見中学校

[南部地区]
川口八幡木中学校
川口芝中学校
川口戸塚西中学校
戸田新曽中学校
蕨第一中学校
立教新座中学校
朝霞第一中学校
さいたま常盤中学校
さいたま白幡中学校
さいたま東浦和中学校
さいたま土合中学校
さいたま原山中学校
さいたま南浦和中学校
さいたま尾間木中学校
さいたま岸中学校
埼玉栄中学校
さいたま日進中学校
上尾中学校
伊奈中学校
鴻巣西中学校

[北部地区]
熊谷富士見中学校
熊谷玉井中学校
深谷中学校
美里中学校
秩父第一中学校
秩父影森中学校




にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ  
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 











[タグ未指定]
[ 2013/07/06 16:34 ] 部活 | TB(0) | CM(0)

迷惑かけてゴメンなさい…

昨日、レジェンド熊谷の試合の前にちょこっと見に行った優奈の試合ですが、今日大会2日目を開催するとの事でレジェンド熊谷の試合もなかったのでまた見に行ってみました。

試合会場の荒川緑地公園は熊谷市の荒川河川敷にある広大な公園で、ソフトボールができるグラウンドも多数あるんですが、大会に参加している中学校がかなり多いようで、ほとんどのグラウンドを使って試合を行なっていました。

熊谷市内の学校だけでなく近隣の地域からの参加も多く、桶川市の中学校まで参加しているのを見てかなり大きな大会という印象だったんですが、いかんせん中学のソフトボールの事はよくわかりません。
Sままが同じソフトボール部員のママさんに聞いてみると『熊女杯』というカップ戦という事が判明しました。

“熊女”とは熊谷市の名門、埼玉県立熊谷女子高校の事で、偏差値的には埼玉県でトップクラスの高校ですが、この高校のソフトボール部も県大会などでは常にベスト8に顔を見せる強豪のようです。
実はソフトボールよりサッカーがやりたい優奈なんですが、この熊谷女子高校にはサッカー部もあり毎年3月下旬に熊谷市の葛和田サッカー場で開催される高校女子サッカーの全国大会『めぬまカップ』に平成7年の第1回大会から今年の第16回大会まで全て出場しています(2011年は震災の影響で中止)。

高校女子サッカーと言えば宮城県の常盤木学園や兵庫県の日ノ本学園、鹿児島県の神村学園などが有名ですが、熊谷女子高校サッカー部も頑張ってます!
とりあえず高校に行ったらまたサッカーをするつもりの優奈、“熊女”のサッカー部に入ってめぬまカップに出られたら最高なんですけど頭脳のほうが…ムリだろうなぁ…

そんな事はさておきソフトボールです。
大会初日の昨日は3試合行なって、Sぱぱが見に行った第1試合は猛打爆発で23-4の圧勝だったんですがあとの2試合はコールド負けだったとの事…
大会2日目の今日は2試合行なう予定なので連勝を期待したんですが…

もう試合がどうのこうのではなく、試合会場の荒川緑地グラウンドには冬の“空っ風”が容赦なく吹きつけてきて砂埃がすごいのなんの…

H24.12.16 優奈ソフト 003

この写真はまだマシなほうで、本当に強い風の時は全く試合が見られないほどでした。
Sままは外に出て他の保護者さまたちと試合を見ていたんですが、根性ナシのSぱぱはカメラと我が身を守るために車の中からぬくぬくと観戦です

H24.12.16 優奈ソフト 002

第1試合、Sぱぱは小さなメモ帳にスコアをつけながら見ていたんですが、試合が終わって車に戻ってきたSままに得点を確認すると点数が合いません。
Sぱぱお手製のスコアでは4-7だったのにSままがスコアボードを見たら5-9だったとの事…。
当然スコアボードの得点が正しいワケで、車の中で片手間でつけたスコアじゃ間違えるのは当たり前ってことでしょうか。それにしても5-9の試合を4-7って…全然違うじゃないか~ 一体何を見てたんだか…。
ちなみに第1試合では優奈の出番はありませんでした。

第1試合が終わって次の試合が何時から始まるのかSままが聞きに行ったところ、第2試合は午後1時開始との事。
今日のレジェンド熊谷は熊谷スポーツ文化公園の西多目的広場で午後1時まで練習の予定だったので涼を迎えに行かなければなりません。
仕方なく荒川緑地を後にして涼を迎えに行き、「ウチに帰らせろ~!!」という涼の主張を却下してあしらいながら荒川緑地へトンボ返り…現地に着いた時にはすでに試合は4回まで進んでいて、昨日途中からライトの守備についた優奈が今日はレフトを守っていました。

H24.12.16 優奈ソフト 001

試合は5回でゲームセットなので残り1回。
4回裏の玉井中の攻撃が“0”で終わって5回表の守りについたという事は、とりあえずコールド負けではないということ。ってことは最終回の攻撃が残っているワケで、打順によっては優奈の打席が見られるかも…と期待していた5回裏、優奈がネクストに立ちました。
「やった、優奈の打席が見られる」と喜び勇んでカメラを準備。しかし…
打順が回ってきてバッターボックスに向かって歩いていく優奈が途中でベンチに戻ってきます。
「ガ~~~ン」
代打を出されちゃいました…

結局今日は優奈の打席を1度も見ることができず、わずか1イニング守りについたのを見ただけ…。
昨日いい感じのヒットを打っていただけに打つところを見たかったんですが…まあ仕方ありません。
次に期待します。

2日目の戦績は第1試合が5-9で第2試合が1-9。
野球経験のあるSぱぱが見るとどうしても厳しい見方になってしまうんですが…
一人一人の運動能力は決して低いワケではなく、やり方によってはもっと良い試合ができるチカラを持っているはずなんですが、全体的にルールを把握しきっていないと思われる場面が多々あり、技術云々よりも部員全員がルールを熟知するのが先決なのかなぁという気がしました。
あとは通常の練習の中でランナーがいる場面を想定したシート打撃などに時間を割いて、打球が飛ぶ方向によって変わる守備位置や動き方を繰り返し練習することで、どう動けば良いのかという事を体に沁み込ませるようにすれば余計な失点などは減ると思います。

H24.12.16 優奈ソフト 005

今日の試合の中でランナー一・二塁の時にレフト前ヒットを打たれ、レフトを守っていた優奈が捕った打球を何故かファーストに投げてしまうという場面がありました。しかもいくらか暴投気味…。
これは明らかにあの場面で捕ったボールをどこに投げたらいいのかわからないからとりあえず一塁方向に投げてしまったもので、レフト前に打ったバッターを一塁でアウトにできるわけがないのだから確実にサードに投げるかショートに中継、もしくはホームに投げて出ているランナーを三塁で止める動きをしなければいけません。
結果的にこの送球エラーで2人のランナーは全てホームに還り、バッターランナーも二塁に進めてしまいました。

この辺りの動きを徹底的に繰り返して練習すれば絶対に余計な失点を防ぐことができます。
勝利至上主義の考え方ではありませんが、試合になればやっぱり負けるよりは勝つほうが楽しいに決まってます。
今よりももっと試合に勝つ喜びをみんなで分かち合うことができたら、もっともっとソフトボールが楽しくなると思いますよ

まだまだ発展途上のチーム。でもやり方によっては大きく化ける可能性も充分に秘めています。
だから大きく化けるために今は全員がルールをしっかりと把握しましょう。
って言っても、優奈が一番ルールわかってないんですが…

部員のみなさん、迷惑かけてゴメンなさい!!!


ではまた



にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ  
 ↑ いつも応援ありがとうございます ↑ 






[タグ未指定]
[ 2012/12/16 19:13 ] 部活 | TB(0) | CM(2)
とけい&かれんだ~
忘れないでください!
*熊谷のサッカー少年の尊い命を奪った卑劣なひき逃げ犯を捕まえるため、引き続きご協力宜しくお願い致します。




スポンサーリンク

フォローお願いしますっ!
上武大学サッカー部【公式】

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


東京成徳大学深谷高校サッカー部公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。


クラブ レジェンド熊谷公式Twitterアカウントを開設しました。

画像をクリックしていただくとTwitterアカウントにジャンプします。



ついでにこちらも…

画像をクリックしていただくとSぱぱTwitterアカウントにジャンプします。


廃車がお金になる!?
ご訪問、ありがとうございます



にほんブログ村 サッカーブログ 大学サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ 高校サッカーへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログ ジュニアユース・中学サッカーへ
にほんブログ村


大学サッカーランキング


高校サッカー ブログランキングへ


ジュニアユース ブログランキングへ




清き1票をよろしくお願いします!



ジオターゲティング




あ~した天気にな~ぁれ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: